ずぼら主婦の妊活マンガ

妊活マンガ1「産婦人科受診を決意」不妊治療スタート決意で感じた世間の風潮

こんにちは

北山イルカ@irukakun_sorakoara)です

 

このブログではアラサー婚活を頑張って結婚するまでの思い出や

オリジナルのマンガ

そして愛犬との日々を描いた犬マンガを更新しています

イルカ
イルカ
今回は妊活マンガです

妊活マンガを1から読む




北山家の妊活・産婦人科受診を決意

【#不妊治療スタート決意で感じた世間の風潮】




妊活のことあれこれ

いるよね「俺側には問題ない」ってぬかす奴

イルカ
イルカ
100年の恋も一瞬でさめるわ!

基礎体温を測ったりタイミング見たりしてて特に先月はめちゃ頑張ったから今回こそは…って思いましたがまだでした
不妊治療を頑張ったっていう友達もいて私もそろそろ病院に行ってみようかなと

それで自分だけ検査受ける気でいたけど
…待てよ?原因が分からない以上、初診で男も女も関係なく検査うけるべきだよなって思って。
なんでこんな当たり前の思考に至れなかったのか考えてみたら
ドラマやマンガで妊活や不妊治療に苦しむ女性と、非協力的な旦那やプライド高めな男の姿を見てきたからで、それが当たり前に脳内に刷り込まれていたからだと思う

ポジティブに捉えられたらいいけどどうしてもネガティブになるし「なんでデキないんだろう」「排卵できてないのかな」「卵管詰まってるのかな」(その他∞)=私の体に問題があるのでは?って思っちゃうからそんなときに男性に「俺には問題ない=お前に問題がある」って言って突き放されるなんて本当にありえない話だし、なんて頭悪くてプライドだけデカい男なんだろうって思う

そしてもし私もアオ君に「私も検査受けるけど、君にも検査を受けてほしい」っていう自分の意見を言わずに飲み込んで我慢していたらきっと私はこの先自分の検査しながらもちょっとづつ不満が溜まってそのうち自ら被害者面して悲劇のヒロイン・「可哀想な私」になっていただろうとも思う(めんどくさいし自分苦しいやつ)
女性自身も自分で自分を「被害者・可哀想な私」にさせないようにしないといけない
だから相手に言いたいことは伝えることのできる仲でいたい

婚活内容だけどこのDMも嬉しかったなぁ↓
描いてる内容が婚活でモテるノウハウでも結婚相手になるための小技テクニックなんかでもなくて、ただのヤバい奴のヤバい体験談マンガで、みんなに何の需要もないんだけどこういうメッセージもらったらほんと描いてて良かったぁぁーって思う

ソラ
ソラ
いつもありがとうね

続きはこちらです↓

妊活マンガ2・産婦人科受診の予約|コミュ障とナースさんの会話こんにちは 北山イルカ(@irukakun_sorakoara)です このブログではアラサーが婚活を頑張って結婚する...

 

■Instagramも更新中!
イルカのInstagramはこちらです